デジモンクロスウォーズ感想22、23、24話~一月は割と骨休め月間~

毎週書いてはいたものの、途中で放置してばかりで三週も貯めてしまいました。もう2月になっちゃうのであわててアップ。



22話

アルカディモンとワイズモンのアニメ出演が大きなインパクトを残した回。何気に重要な設定も語られました。


ワイズモン


アニメ初登場。十闘士・エンシェントワイズモンの進化前としてカードで登場したキャラですが、カード以外でのメディアでの出番がほぼ皆無だったのでかなりマイナーな部類に入るデジモンです。ゲストとしてはなかなか扱いが良く、タイキに感化され(本人いわく「ほっとけない現象)クロスハートのメンバーに。カードイラストでは巨大な本の上に立っているイラストが多く、それの意味するところがなんなのかときになっていましたが、研究部屋・移動手段・武器の三つを兼ねているアイテムの模様。こういった動きがアニメで提示された辺り、アニメ出演の恩恵を最大限に受けたと言えるデジモン。

本棚や「興味深い」というセリフが、脚本の三条陸さんが手がけた「仮面ライダーW」のフィリップをちょっと連想させたり。声もイケメン声だったしなぁ。


アルカディモン

コミック「Vテイマー01」にて圧倒的な強さを見せつけたデジモン。ルーチェモンに続いて、ラスボス級のデジモンがまたもや起用されました。とはいえ劇中でもっとも登場期間が長かった究極体形態ではなく、出番が短かった完全体での出演です。他のデジモンを捕食吸収するという設定は今回の話でも明言されていたので、リリスモンはクロスハートを始末するだけではなく、滋養を与えて究極体に進化させるという意図もあったのでしょうか。Vテイマー劇中ほどの強さは見せず、ダークドラモンメモリの一撃とメテオインパクトの一撃で割とあっさり撃破。まぁ仕方ないか。


ナイトモン&ポーンチェスモンズ

またもや地味に活躍する彼ら。Vテイマー01世界だったらあっさりと首ちょんぱされそうな雰囲気ですが、バリアーを張ってアルカディモンからタイキ不在のクロスハートを守っていました。見方をバリアー内に収納したまま飛んで移動できるあたり、何気にハイスペック。バリアー能力はポーンチェスモンが主体となって発揮しているっぽい感じ?


バグラモン

三元士にお目通り。「この世界を邪悪に染め上げる」という感じのセリフが何か意外。デジモンウェブの図鑑では「世の理不尽な理(ことわり)に絶望して堕天した元天使」という設定だったから、「新世界を作る」とは言っても、自分の作る世界に対して「悪」という言葉を選ぶタイプの敵キャラだとは思ってなかった。まぁゲーム設定のすべてがアニメに反映されるわけじゃないですしね。


デジタルワールドの成り立ち

ゲーム・アニメを問わず「デジタルワールドは、人間世界のネットワークの発展によって生まれた世界」というのが大前提となってましたが、なんと今作ではそれをひっくり返しに来ました。ワイズモンの言葉によると、デジタルワールドは人間がコンピューターを作り上げる以前から存在したとの事。文明の発展によって人間はようやくデジタルワールドの一部を利用できるようになっただけだとか。なんとも大胆な設定ですが、これは今までになかった感じで良いなと思ったり。感覚的にはしっくり来たりもするし。しかしスケールとしてはデジタルワールド>現実世界みたいな感じになったため、「人間の行動くらいでデジタルワールドが108ゾーンに分かれたりするもんなのか?」という疑念がわいてきました。さてどんなオチが待っているのか…。


次回予告

完全なギャグ特化回?黒いシュリモンが何か気になります。



23話

怒涛の展開が続いたからか、今回は息抜き回。作画も息抜き気味。


シノビゾーン

ネネ軍所属のモニタモンはエリートだったという衝撃の事実。このゾーンにバグラ軍が侵攻してきたのはつい最近っぽいけど、まさかトワイライトが敵対の意志を明確に見せたから、トワイライト所属のモニタモンへの見せしめで侵攻されたんじゃ。ネネ達がダークナイトモンから離反したとか込み入った事情なんじゃ知ったこっちゃないって感じだろうしなぁ。


ムシャモン

今回のゾーンボス。成長段階の概念がないとはいえ、序盤からずっと究極体クラス以上がボスだったので成熟期がボスを務めるのは何か新鮮。仕事そっちのけで人間界の時代劇に熱中しているあたり、実にブラストモン配下らしいキャラですなぁ。


シュリモン

ムシャモンの配下。過去の主役級が完全な敵キャラとして登場するのは、意外にも本作では初?セイバーズでは割とよくあった印象ですが。なぜかブラックバージョンみたいな感じになってますが、これはこれでいい色だと思ったり。枯葉っぽいのが良い。


エテモン

ムシャモンの配下その2。なかなかいい声をしています。サルスーツを脱ぎ捨てた下に来ているのもさるスーツと言う落ちだと勝手に思っていたら、忍者の格好だったので逆に意表を突かれました。


カラテンモンを笑わせよう

今回のギャグはいまいちすべり気味が感がなくもない。普通の回の合間合間に入るゼンジロウやブラストモンのアドリブ(かどうかは定かではないけど)の方がやっぱり面白いなぁ。今回一番面白かったのがゼンジロウの「えー、次はブラストモンのモノマネ…」というセリフだったし。とはいえポーンシャウトモンが鼻先が邪魔でバイザーを下せないシーンとかでクスクス笑いながら見ていた私。

シャニタモンとドンシャウトモンは公式画も存在するのに面白デジクロスの一部してササっとながされちゃったなー。スタッフの「ノルマは消化してやったぜバンダイさん」と言う感じのドヤ顔が見えるようだ(ただの誇大妄想です)。でもジェットスパロウの扱いよりはまともなノルマの消化のしかただよね。


24話

ゼンジロウ

スターソード持たせればデジモンとも渡り合える時点で結構すごくないか。あの大門大だって本人の拳だけでデジモンを完全にノックアウトしたことはまれだった気がするし…。

ムシャモン配下


コテモン、イガモン、カブキモン、チャツラモン、アシュラモンと言ったバラエティ豊かなメンツに加えて、そこに何気なく混じっているガイオウモンに驚愕。何気にX系のトゲトゲしたデザインラインを持ったデジモンがTVシリーズにでるのは初なので、案の定というか、作画が…。


ハイビジョンモニタモン

デジクロスさせるのはタイキじゃなくてネネなんですね。いきなり作画が20話のようなクオリティになって絶句。ハイビジョンモニタモンは三体融合で基礎的な戦闘能力はアップしたみたいだけど、元がモニタモンでしかも落ちこぼれ組だからか派手に強いわけでもないのね。


お姫様の正体は

X5のメテオバスターアタックでオーバーキル気味にムシャモン達を全滅させて一見落着。多くの視聴者がどうせ碌なもんじゃないだろうと予想したお姫様の正体は、ババモンでした。普通にモニタモン姫とか出てくると思ってたから、ストレートすぎて逆に意表を突かれました、またもや。


次回予告

タイキとキリハの対立再び?デッカーグレイモンが出てくるのかと思ったけど、デジクロスを封じられているみたいだからまだお預けかな。1話ではちょっと映るだけだったバルブモンがまた出てくるみたいですが、今度はちゃんと戦闘シーンがあるといいな。
[PR]
by utut1102 | 2011-01-31 18:44 | デジモンクロスウォーズ感想


<< 消滅回避用記事 デジモンクロスウォーズ感想21... >>