勇者シリーズスクリーンデビュー!(ただしコンテナだけ)

「トミカヒーローレスキューフォース 爆裂M0VIE」を見に行ってまいりました。映画でも持ち味のゆるさと豪快なCGは変わらないどころか最大級に炸裂。また前作?とも言うべき「魔弾戦記リュウケンドー」のファンにはうれしいサプライズが…!



トミカヒーローグランプリ

最初に上映されるおまけ。レスキューフォースの5人+乱入してきたネオテーラでのレース。
「第一カーブで頭を取れば勝てる!」と豪語していきなりリタイアする石黒隊長、レスキューストライカーを使って給油、コアセイバーを追い抜いてコアストライカーMAXと一騎打ちになるコアエイダーなど見所満載。ゴールしたあと明らかにはしゃいでいる声で「ありがとう!ありがとう!」と言っているコアストライカーMAXが可愛かったです。しかしこれ、狭い街中を全力で爆走するってものすごく危ないんじゃ…(しかもコースのすぐそばに人がいる)。途中でリュウケンドーのガジローが出てきたりあけぼの町と書かれた看板が出てきたりしてニヤリ。しかしファンサービスはこれだけにとどまらず…。


マッハトレインをレスキューせよ!

前編にわたりメカの見せ場があり飽きさせない本編。マッハトレインのスタート地点が「ヌーベルトーキョー」なのは勇者特急マイトガインの舞台の「ヌーベルトキオ」に引っ掛けた小ネタなんだろうか、やはり。おもちゃのゼロファイヤーのコンテナ部分がマイトカイザーのコンテナを流用していることを受けてそんな名前にしたんだろうか。

初代仮面ライダーを演じた藤岡弘さんがR0・刑部零次役でゲスト出演。かなりかっこいい上にものすごく強そうなキャラでした。変身前でも余裕でアクスト達を蹴散らせそうな雰囲気すらあります。同時に登場するゼロファイヤーも玩具的にはレスキューライザーの前半分に十年以上前のマイトカイザーのコンテナをつなげただけのトホホ感漂うだけのアイテムだったのに、滅茶苦茶かっこよく描かれてます。コンテナからの中型ビークル全機発進、フロントからのコアストライカーファイヤーの発進など玩具のギミックがかっこよく演出されており、トホホな出来だとわかっていても玩具が欲しくなったよコリャ…。

レスキューライザーと合体しレスキューセイバーでマッハトレインと併走し、梯子から飛び移るR1とR5や、前述のゼロファイヤーなど、今回の映画はメカの魅せ方がかなり上手いと感じました。新ビークルのレスキューダイバーも「ああ、地上最速クラスのマッハトレインが相手なら空を飛ぶしかないもんな」と飛行型であることを生かした見せ場がありますし。レスキューダイバーで吊り上げて救助のシーンは普通に死んでしまいそうな気がしないでもない。あんな速度で山ひとつ超えるほど急上昇して大丈夫なんだろうか…。

レスキューストライカーとダイバーが合体したジェットビハイクルモードでマッハトレインを暴走させているメタルトレインを追撃するが、なんとメタルトレインが蛇のようなスネークトレインに変形!部隊は空中戦へ。…最初からスネークトレインで街を攻撃すればよかったんとちゃう?ゼロファイヤーの援護射撃を受けて窮地を脱出、再合体しスーパーレスキューマックスへ!翼が付き五指が付いてよりヒーローロボらしいスタイルに。ヌーベルギンザ上空での決戦はリュウケンドー・レスキューフォースで活躍した白組製作のCGここに極まれりって感じでした。

スネークトレインに巻きつかれた状態からウイングについている丸ノコを使って脱出し、ファイナルレスキュー・ドリルブラスター発動!ジオングのような五指から放つ冷凍放水で氷付けにし、レスキューダイバーのドリルを肩に装着してスネークトレインを貫く!

っておい!こいつら人が操縦しているメカに向かっていつものノリでファイナルレスキューぶち込みやがったぞ!?



脱出装置が優秀なのかそれとも話の都合なのか犯人の真殿博士は無事で付近の街灯に引っかかっておりました。それを逮捕しにきた警察の中になにやら見覚えのある顔が…
リュウケンドーの剣二と不動のおっさんだぁー!?

さらにそこへ「何やってんだ?」と通りかかる白波。かなり分かりやすい形でリュウケンドーのキャストが出演しているとは聞いたがまさかこんな役とは…!真殿を街灯からおろし、剣二達に引渡したスーパーレスキューマックスに敬礼する剣二達。そしてレスキューマックスもそれに敬礼で答える。さ、最高だこの映画。こんな形でリュウケンドーとレスキューフォースの夢の競演が現実になるとは…。

というわけでハイクオリティなCGに加えメカの大活躍で十分満足していたところにダメ押しとばかりにリュウケンドーキャストの出演&敬礼シーンで止めを刺されました。感無量ですよはい。
レスキューフォース、およびリュウケンドーのファンには是非見に行っていただきたい。
[PR]
by utut1102 | 2008-12-27 20:12 | 日記


<< 年内最後の更新 また月曜更新か >>