鉄剣隊隊長 貴龍剛頑駄無(三国伝体型アレンジ)

f0176077_12424234.jpg


超SD戦国伝 トウ覇大将軍編(トウは刀が三つ重なった字)の外伝に登場する貴龍剛頑駄無(キリュウゴウガンダム)を製作しました。

トウ覇大将軍編は「巨大武器」と「軍団VS軍団」という要素が前面に押し出され、後者の要素の一環として、キット化されメインストーリーにかかわるキャラ以外にも新生武者軍団・鉄機武者軍団の各部隊が設定されていました。各部隊の隊長と隊員は過去のBB戦士のパーツを組み合わせて作れるようにデザインされており、当時の広告やボンボンにレシピや作例が掲載されていました。

貴龍剛もその中の一体であり、本編に登場しない外伝キャラという出自や、当時増刊号に掲載された漫画での活躍を見て当時から非常に惹かれていたキャラクターです。長年「いつか作ってみたい」と思っていたものを今年の1月についに実際にチャレンジしてみました。

どうせ作るなら今風に、という事で三国伝シリーズのキットのパーツを中心に作っています。



f0176077_13284335.jpg


正面図。各パーツの流用元は

本体・胸鎧・腕鎧:雷装張飛ガンダム
兜・パックパック:孫策サイサリス
肩鎧:徐晃サーペント+司馬懿サザビー
胸の龍:劉封ガンダム(輝龍頑駄無と同一のパーツ)
角:鉄機武者鋼丸
武器:LBXルシファー

基本的にほぼ組み換えのみで、パーツ自体を加工したのは角と胸部の龍をつける為に穴をあけたりプラ棒を刺したり、胸鎧の襟や肩アーマーの一部をカットした程度。元レシピのパーツは胸の龍と角しか使っていません。ちなみに腕鎧と足首は張飛のキットを2個分使用して両方ともスパイクなしにしています。

元のレシピは当然トウ覇大将軍当時に発売していたキットを使用しているので、私が作ったものは元デザインとは各部の形状が全然違います。しかし貴龍剛頑駄無は「影舞乱夢(=後の三国伝の舞台)の武人をモデルに作られた鉄機武者」という設定があり、ベースキットも張飛と同じZモチーフの武神頑駄無が指定されているので張飛ベースで作ってもそれらしくなるだろうと思った次第。鎧も元デザインに近いフォルムのパーツが上手い事三国伝キットの中に存在していたので、色のおかげでちゃんと貴龍剛に見える仕上がりになったと思います。


f0176077_13482932.jpg


背面図。元のレシピでは特にバックパックの指定がなく、増刊号の漫画でもハッキリとした形状は確認できなかったような記憶があります。何もつけないのはさびしいので、角ばっていてバッテリーパックのように見立てられる孫策のバックパックをつけています。


f0176077_1252338.jpg


側面。ほとんど見えませんが、胸部の龍頭の上面に胸元との間に大きな隙間ができるので市販のディティールアップパーツを張り付けています。


f0176077_1274639.jpg


肩アーマー内部。徐晃サーペントの肩アーマーの下の部分を切り取り、司馬懿サザビーの肩鎧のサイド部分のパーツをつけるスペースを確保しています。この加工のおかげで元レシピで指定されていた雷ガンダムの肩鎧に近いシルエットになったのではないでしょうか。


f0176077_1213130.jpg


武器は特にレシピでは指定されておらず、漫画中では特に巨大でもない普通の刀を使っていましたがアレンジでLBXルシファーの剣を持たせています。漫画中では弟子への嫉妬に付け込まれ闇の力で強化され操られているような描写があったので、魔界由来の妖刀のイメージ。刀身はそのままのクリアパープルで、持ち手部分は闇皇帝風の色に。


f0176077_1838179.jpg


突きを繰り出す直前のポーズ?可動範囲は一切いじってないので自然な突きは難しいです。

塗装は全部筆塗。写真でもかなり汚いですが実物はもっと汚いです。腕アーマーに至っては装着時には見えなくなると思っていた裏側を塗らないでいたら実際はばっちり見えるという事に気づかないまま完成させてしまったりね…。

紫メインの配色は元デザインと同様ですが、下地の濃い部分に白を塗る手間を軽減する為色の配置は好き勝手いじってます。そもそもレシピと別なキットで作っている以上、オリジナルとまったく同じカラーリングはムリなのですが。トウ覇大将軍編の鉄機武者の瞳は普通の武者とは違う書き方になっているのですが、手書きする自信がないため妥協してシールで済ませました。色つきのハイライトが追加されているBBW版三国伝キットの目シールなので、ちょっとはトウ覇の鉄機武者目に近いかな?


f0176077_1948434.jpg


製作中、というか流用パーツを検討しているときに撮った写真が出てきたので載せます。この状態だとどのキットからパーツを持ってきたのかが分かりやすいかと。

ちなみに97年当時雑誌等に掲載された貴龍剛頑駄無のレシピは以下の様なものでした。

本体:武神頑駄無
兜;爆流頑駄無
角:鉄機武者鋼丸
肩鎧:雷頑駄無
胸の龍:輝龍頑駄無


f0176077_1950531.jpg


かなり荒い仕上がりですが、元レシピの形状に近いパーツも見つけられ、色のおかげで(自分的には)かなりそれらしく見えるものが出来上がったので満足しています。十年以上前からの念願がかなったと思うと感動も一際大きいです。


貴龍剛頑駄無の弟子であり、増刊号の漫画内で対決した爆輪頑駄無も作って並べる事で当時の悲願は100%達成。爆輪のベースキットは武者號斗丸(ゴッドマル)。この貴龍剛頑駄無の完成を持って、「レジェンドBB戦士版武者號斗丸発売祈願」とします。


よく考えたらこの貴龍剛作ったのはBB戦士人気投票で號斗丸が大方の予想通り?一位を取ってレジェンドBB化の可能性が出てきた時期だった。これに手を付けた本当のきっかけはそれが原因だったような…。
[PR]
by utut1102 | 2012-08-08 18:14 | 玩具類


<< 三国伝オリジナル武将 夏候覇ビ... デジモンワールドプレイ日記 エ... >>