ガッチャ!楽しいニチアサだったぜ!

ちなみに遊戯王GXは未見。映画は見に行ったけど。


レスキューファイアー

特に進展のない回かと思いきや、ジョウカエンの過去を匂わせる台詞やヒカルの来日など見逃せない展開が。再登場したバイクエンが巨大化し、ウカエンを上に乗せた瞬間にまさかと思ったが、ガイアレオンにレスキューキングが騎乗するとは!馬上戦のごとき激しいアクションに加え、レオンバーストとエクスクラッシュの合体技まで披露する大盤振る舞い!次回は再び共演イベントと、油断のならない番組だ。


バトルスピリッツ

この段階でまさかのダン敗北。ヴァルハランスとグングニールを貸し与えられたけどブルストムが使いこなせずに倒されるという展開かと思っていたので本当に意外。バトルの腕はたいしたことないのかなと思っていたけどそうでもなかったようだ。さらに華実はこのままマギサ達のところへ預けられるという流れになり、結果的に主人公と敵側の重要人物がトレードされるという急展開に。まったく先が読めなくなってきたなぁ。予告を見る限り、硯と剣蔵もこのまま一行に加わるのか?


(新)天装戦隊ゴセイジャー

DQ9VS塊魂の巻。シンケンジャーとは今年は対照的に西洋ファンタジー(というか和製RPG?)要素の強い戦隊。あちこちにマジレンジャーっぽさを感じてしまう。そして玩具にもついにカードギミックが採用されております。テンソウダーのスロットを開いたときの「ガッチャ!」のサウンドが楽しい。しかしカード装填の度に大仰な振り付けをしているのが少しかったるい。見せ場以外はもっとスピーディーに装填しても良いと思うんだけど。作風はOP共々爽やかな感じ。熱血でもなく、リーダーとして周りを引っ張るタイプでもない優しげなビジュアルと性格のレッドが何か新鮮な感じだ。人々を守る使命を追った天使という設定のゴセイジャーに対して、今作の敵は悪魔といった類ではなく地球侵略に来た昆虫型エイリアン。最近の戦隊だと味方側とあまり関連性がない設定の敵は珍しい?個人的にはゴーオンジャーやシンケンジャーのときほどのインパクトは感じられず。とはいえ悪い印象もないのでこれから一年、楽しんで見て行きたい番組です。


仮面ライダーW

この番組の悪女率の高さは異常?いやメモリの影響なんだろうけどさ。恨みや憎しみと言った負の感情ほどメモリの毒素と相性が良く、その感情が強いほど影響が出やすいってのは以前のバイラスドーパントの例を省みても確かに納得がいく。巨大化したトライセラトプスドーパントを向かえ打つのはアクセルのサポートロボット、アクセルガンナー。バイクモードのアクセルの後部に合体することで凄まじい火力を発揮し、その暴走を止めるのだった。ぼやかされている感じだけどジャスミンはメモリブレイクしても手遅れで死んでしまったのだろうか?どうとでも取れるだろうけど。しかし今回の翔太郎はちょっとアホすぎないか?
[PR]
by utut1102 | 2010-02-14 11:49 | 日記


<< 感想をサボる日もあるさ VS映画はゴセイジャーが始まる... >>